一年前に作ったサモンズ語録を再始動します.。゚+.(・∀・)゚+.゚更新してなくて大変申し訳ありません;
とりあえずLobiに貼ったものをそのまま持ってきただけなので、メンテナンスしていきたいと思います!

こちらも追加・修正する言葉があれば随時コメにてお受けさせていただきます☆

【2018/2/7更新】
『協力マップ』に追記


サモンズ語録 最終更新 2018.1.9  登録数 177
  名称 分類 意味
アトカン 能力 アトミックカウンターの略。初期ランバト景品のキャラがそのスキルを持つ。ハロウィンダンジョンに登場するキャットランタンで【スキラゲ】することが可能。極めればわずか5ターンで2ターン10倍反撃状態を発動できる。しかしアトカンのスキラゲはサモンズダントツ1位の苦行である。
アプ塔 システム アプレフィアの塔の事。最上層には浸透する脅威こと【ガイラルディア】が待ち受けている。
雨の日無能 キャラ 鋼の錬金術師コラボキャラ、マスタング大佐のこと。火・攻撃タイプのキャラ。広域に渡るスキルダメージが強烈。ハルシュトを亡き者にした主犯。
石ガチャ 攻略 サモンズボードのエンドコンテンツ【塔】のひとつ、ディビニラカンの塔のフロアに散在する障害物のこと。初期配置が決められている自陣に対し、敵キャラとの間を阻むその石がランダムで配置されるので攻略が安定せず、良い石配置が出現するまで何度も挑戦し続ける様からこの呼び名が付いた。
石殴り 攻略 討伐において、結晶石でAPを回復した時に出現する3倍AP×3つの14倍で殴ること。とんでもないダメージがでる。
イチタリナイ システム キャラのスキル上げの際、誰しもが遭遇するという現象。通称イチタリナイお化け。
海牛 キャラ グランストラスターのこと。詳しくは【グラスター】を参照。
ヴィヴィメル キャラ ヴィヴィアン&メルディンペアのこと。ヴィヴィアンは水・バランスタイプ。【LS】水・木タイプは7コンボ以上で3倍&呪い状態の時に6倍。【AS】水・木タイプの味方は最大30倍呪い99T[2nd]攻撃力6倍3T。メルディンは木・バランスタイプ。【AS】水・木かつバランスタイプの味方は攻撃力99%低下6T&攻撃力40倍十字列防護貫通かつバリア破壊オートダメージ。
それぞれのキャラを単体で使用するとデメリットの方が大きいが、二人を同時に使用すると【水・木・バランスの味方は6ターンの間108倍(7Hit以上)でぶん殴り、毎ターン十字列に240倍の防護貫通かつバリア破壊のオートダメージ(持続:小)をぶっ放し、かつそんな状態をループさせる】ことができる。怖い。
AI システム 主に敵行動の種類を指す。【攻撃AI】【逃げAI】【移動AI】などがあり、それぞれ、【最大コンボ数が望める位置に移動(諸説あり)】【味方の攻撃を受けないように移動】【矢印があれば移動】となっている。
永遠の召喚士 システム 忘れられがちだが、サモンズボードにはストーリーがあり、それは黒い霧がロードリアを包んだので元凶を探しに行くというもの。当ダンジョンの実装をもってノーマルダンジョンは一応完結という形になった。最後はどうなったのかサモンズボーダーたちは是非とも自分の目で確かめてほしい。
AS 能力 アクティブスキルのこと。キャラが持つターン数経過により発動できる能力。対義語【LS】
HP%減少(グラビティ) 能力 現在残っているHPに対しての%減少を指す。ガンホーコラボキャラ、ヘラの敵スキルにもある。また、毒沼を踏むと発動することがある。
HP反転 能力 今現在のHPを反転させる。HPが100%だった場合、反転後はHPは1%になる。ディフェンスタイプのキャラの中には、HP何%以下で火事場の馬鹿力を発揮する能力を有するものもあり、一概に不利な状態とも言えない。敵HP反転の為にあえて前もって敵攻撃を食らっておき、HPを減らしておくなどの攻略もある。
LS 能力 リーダースキルのこと。キャラが持つ常時効果を発動させることが可能な能力。対義語【AS】
FL システム 討伐時におけるフレンドリーダーのこと。討伐時には、ギルドメンバーのキャラをFLに設定して敵に挑む。FLはLSとかけ合わせることができ、能力が加算or乗算される。
エンハ 能力 エンハンスの略。キャラの攻撃力を上げる効果を持つ。
使用例:レギンエンハ、ルドラエンハ等
オラ・オラ姫 キャラ 装姫:オラージュのこと。短ターンで発動するスキルダメージを持つ。特筆すべきはASの【速攻】初登場時はランバトにオラージュが並び、敬遠された。オラオラオラオラオラ!
オートダメージ 能力 スキルダメージ扱い。付与させると毎ターン勝手にダメージが飛んでいく夢のスキル。【追尾】効果が同時についているスキルについてはオートなので対象の選択はできない。祈れ。1~4ターン継続し、確率で解除される(持続:小の場合)反射持ちの敵がいるステージでは絶対に使うなよ!絶対だぞ!封印や睡眠中は一旦お休み。
お化け システム イチタリナイお化けのこと。詳しくは【イチタリナイ】を参照
お漏らし 攻略 非チェーンスキルをチェーン付きと勘違いして暴発すること。
ヘパさんが常連。
開示・スキル開示 攻略 ダンジョンボスは、敵ターン終了時に、次ターン行う行動の予備動作【構え】を行う。この時、敵キャラを長押しするとスキルの効果範囲が表示されるのだが、初めてダンジョンに潜った際にはこの効果範囲が表示されない。一度でもスキルが発動すれば、次に同じ構えを取った時はスキル範囲が表示されるようになるので、この一度スキルを発動させることを開示、またはスキル開示と呼ぶ。このため初見クリアには運が必要とされる。
解除 攻略 主に敵バフの解除を指す。解除できるスキルを持つキャラは非常に少ないのでキーキャラとされている。
【被ダメージ軽減】解除:グランストラスター
【防御力上昇】解除:チェシャ猫
【無敵状態】解除:ラーヴァテイン
【反撃状態】解除:ドゥルガー(木)
【回避状態】解除:ドゥルガー(火)、フォンセ、アサシン、マウイ
なお、それぞれの解除は上書きという形で無効化することも可能。
回復上限 攻略 HPの上限が決められる嫌なスキル。オススメはダメージ減少&ターン回復系LS。ディフェンスタイプによくあるLSで「〇%以上回復したターンは攻撃力〇倍」だが、HP回復上限MAXの状態で回復しても回復値が0なので発動しないことに注意。今の所対策はスタンか死ぬしかない。
課金 システム リアルマネーを使い、サモンズボード内アイテムの結晶石を購入すること。ガチャを回したり倉庫BOXを拡張するなど多種多様な使用先がある。
無課金:ゲーム内での配布石のみでやりくりする。
無(理のない)課金:ちょこっとだけ課金している。
微課金:「当たればいいなぁ」
課金者:「今回は当てるぞ!」
重課金:「当たるまで回す!」
廃課金:「当てる」
真課金:「(運用方法を考えている)」
覚醒 システム Ver.5.0.0より実装されたシステム。大まかに言えば戦闘中にのみ一段階強くなる、将棋で言う【成り】のようなもの。覚醒可能対象キャラを覚醒素材により覚醒準備状態にし、ダンジョンにてTP(トランスポイント)を貯めることにより覚醒することができる。覚醒時にはより強力なスキルを使うことができる。
拡張 システム キャラのソウルスロットを増やすこと。
サモクリ交換で入手可能な専用モンスター=カクチョウを混ぜることで鍵付きスロットを解放できる。
「わいはエクレたんを拡張したいんじゃー」とか不用意に使うと犯罪者っぽくなるので注意
ガス塔 システム トルブクガスの塔の略。詳しくは【塔】を参照。
ガバフェス システム 定期的に開催されるガチャイベントだが、その中でも超々希少なキャラが何体も引けるようなガバガバ設定の期間がある。主に正月ガチャとアニバーサリーガチャ(2月ごろ)を指す。
構え 攻略 敵が行動終了時に行う、次ターン行動の予備動作のこと。プレイヤーはこの構えを情報として駒を動かさなければならない。敵行動には数ターンでループするものもあり、パターン化に成功させると事故死する確率が減る。しかしながら、構え名と次ターンの行動が全く異なるスキルを放ついやらしい敵も存在するので注意。嘘を嘘と見抜けないプレイヤーにはサモンズボードは難しい。【割り込み】についても参照されたし。
神回避 攻略 あと一撃くらったら倒される状況で敵の攻撃を回避すること。サモンズの仕様でHPが減るごとに回避率が上昇するので覚えておくこと。
カンスト システム カウンターストップの略。これ以上強化できないところまで到達した状態。
完全結界 攻略 エイスリングの塔の最上層に待ち構えている、カレンデュラ進化前状態(アナザーマリー)の新能力。全ての状態異常を無効&ダメージ無効というどうしようもないもの。突破するには内部に蓄積する隠しHPゲージ(約400万)を減らさなければならないので、プレイヤーはどれだけ減っているかわからない不安と恐怖と戦いながらダメージを与えていかなければならない。完全結界を突破した際、特定マスに即死級防護貫通ダメージが降るので位置取りも重要になってくる。
兄弟 キャラ 鋼の錬金術師コラボキャラ、エルリック兄弟のこと。光・バランスタイプ。ガチャ☆7。短ターン発動スキアタ&速攻持ちであり、スキアタパーティの主力リーダーを務める。討伐ではセイバーと名コンビを組む。
協力マップ システム Ver6.0.0にて実装された多人数同時攻略ダンジョン。第1回開催ダンジョンはザヴラミスの氷島。ボスは氷塊絶零竜グラネーザ。
マップに点在する通常ダンジョン形式ポイントと、討伐形式の中ボスを攻略して進めていく。道中には鍵が存在し、獲得CPや撃破数によって解錠しないと先に進めない。
天候や地形によって属性に強弱が付き、周回すると敵が倍々で強化されていくので終盤は手のつけられない状態になる。
マップには隠しポイントが存在し、条件を満たすことによって顕現する。
通信頻度によってはアクティブなプレイヤーも休止に見えることがあるのでキック(追放)する際は注意。
ギブアップせい システム 神級ダンジョン「世界を覆う闇」にて中ボスのギュウキによる発言。そのあまりの唐突な降参推しに困惑したサモンズボーダーが続出し、スクショを撮られまくられる騒動になった。ギュウキとしてはこの先のヴリトラが超ヤバイやつなんでサモンズボーダーの身を案じての発言だったのにどうしてこうなった。
金属噴流 能力 カバネリコラボより登場した特殊能力。通常、矢印がある方向から攻撃してもスタンゲージは蓄積されないが、2×2マス敵に限り、この能力をもつキャラは矢印方向から攻撃してもスタンゲージを蓄積させることができる。スタン蓄積量は不意打ちLv2に相当する。
通常キャラが使用するものとしては「ジャイアントキラー」の名称。
金メッキ システム ガチャを回して金駒が出たのに、中身が金駒に相当していないこと。ドロップキャラクラスや、もはや銀駒の進化系と言うだけの金駒にもメッキ扱いする。
システム ヤク。主に緑色の薬を指す。正体はスタミナ回復剤。合法なので大丈夫。討伐報酬で大量に配られるので、討伐間近になると「薬~ヤクをくれ~」とゾンビのようなプレイヤーが湧いてくる。もっとハイになれる紫色の薬もあるらしい。
キャラ 高確率で闇・攻撃タイプのロンドハーケンのことを指す。低確率で木・攻撃タイプのグリズリーヴェアーを指す。
グラスター キャラ グランストラスターのこと。水・HPタイプのキャラ。ドロップ入手。そのスキルに非常にレアな【ダメージ減少打消し】を持つ。必要とする場面が多いのでスキルマ推奨。グラストと略すとグラストールのことを指す。呼び分けるために海牛と呼ばれることもある。
グラスト キャラ グラストールのこと。討伐キャラ。短ターンで周囲ノックバックスキルダメージを与える。
クリフォン キャラ 2016冬に開催されたクリスマスイベント限定ガチャにて登場したキャラ。クリスマスフォンセ、Xフォンセと呼ばれることも。対象を限定しないエンハンスとしては最大の10倍を盤面左上から1マスおきに付与するというトンデモ性能だが、スキルマにするには14上げという地獄が待っている。
クロカン 攻略 クロスカウンターの略。装姫フラマ登場からカウンターパーティが主流に加わり猛威を振るっていたが、カウンター対策として敵バフに追加された。汚い、さすが運営汚い。カウンターによる反撃を100%回避し、さらに反撃する効果を持つ。今現在クロカンに対応する策はスタンによる敵バフ外しか、ハイカウンター以外ない。
クロユリ キャラ 夜鱗神獣クロユリのこと。三代目バランスブレイカー。
闇属性、HP(ハイパワー)タイプのキャラ。ボックスにいる火・闇属性、HP・攻撃タイプのキャラは一度はクロユリパに入れられる。攻撃力アップ状態で5倍、HPを30%回復したターンさらに5倍。おまけに被ダメ60%OFFのLSと毎ターン4000回復(ループ可)のASを持つ規格外のバケモノ。クロユリの犠牲者になったモンスターは数知れない。。。
ゲリラ システム ゲリラダンジョンのこと。時間帯によって出現するホークダンジョンを指す。出現する時間帯はプレイヤーIDによって決まっており、出現時間は一日ごとに1時間ずつずれていく。
KB 攻略 ノックバックのこと。詳しくは【ノックバック】を参照。
KOS システム 2017年6月に開催されたサモンズボード王者決定戦『KING of SUMMONS』のこと。並み居る強豪を勝ち抜け、見事KOS初代王者になったのはいなっ氏
攻撃吸収 能力 敵に矢印攻撃を与えた際、相手の攻撃力を減少させ、自分の攻撃力に上乗せさせる。上限は50。貫通した際は貫通先の攻撃力も奪う。
攻撃不可 能力 通称バインド。キャラの持つ矢印を無いものとして扱う。耐性ソウルで対策可能。
攻撃・スキル使用不可 能力 通称麻痺。スキル使用不可に加えて矢印攻撃ができない状態。キャラは移動のみの行動に縛られる。耐性ソウルで対策可能だが、【封印(スキル使用不可)耐性】【攻撃不可(バインド)耐性】【攻撃・スキル使用不可耐性】は別物であることに注意。
高速移動 能力 進撃の巨人コラボにて登場。コラボキャラが使用するものとしては『立体機動装置』の名称。キャラの回避率が上がり、かつスタンゲージが溜まりやすくなる。
黄龍 キャラ 光、バランスタイプのキャラ。ドロップ入手。リーダースキルに非常にレアな【弱追撃】を持つ。追撃に関しては【追撃】の項目を参照。
code:BRYNHILDR 攻略 悪夢。サモンズ一周年記念に開催されたヴァルハラの死闘【冥】のボス、ブリュンヒルデのこと。最低8000から即死クラスのスキルダメージを連発してくる。当時クリア者はいたが極々少数に限られた。~【極】までのボスと言動ががらっとかわり、高圧的な態度になる。ちょっと好き。
コンボ増加 能力 バフ。被付与者のコンボ数を増加させる。コンボ数の状態変化については味方陣と敵陣の関係性のようなものであり、コンボ数増加を発動すると、敵バフの味方陣に対するコンボ数減少を同時に打ち消せる。
サイ塔 システム サイレイダーの塔の事。最上層には虚ろなる影こと【ロサ】が待ち構えている。斉藤さんだぞ。
さとる、サトル キャラ 【星獣】の一角、闇のサトゥルヌスのこと。
サナ塔 システム サナーレスの塔の事。最上層には棺の王こと【ハーデンベルギア】が待ち構えている。
サモクリ システム サモンクリスタルの略。キャラを売却した際にもらえるポイントで、ガチャキャラを売るとたくさんもらえる。集めたサモクリはサモクリ交換所で別のキャラと交換できる。最近サモミンクルというサモクリ売却専用キャラが増えた。
サンダル キャラ 恐らく水・攻撃タイプのエンハキャラのサンダルフォンを指す。低確率で光・攻撃タイプのカウンターキャラのサンダルダを指す。
シェニキ キャラ イケメン。初期ガチャシリーズの闇精霊。攻撃タイプ。短ターンでの毒攻撃を得意とする。
左斜め上二重矢印+7方向矢印+飛行を持つ攻撃力が高いキャラがシェイドしかいなかったため、初期【ホーク】ダンジョンの常連だった。雷神サンダルダの登場でその役を終えることとなる。
鹿 キャラ ドゥームエルシュのこと。木・HPタイプのキャラ。ガチャ入手。初登場時、当時最高HPであった玄武をはるかに凌駕する15000台のHPを誇った。
師範代 システム サモンズボードの師範を目指してまったり修行中の広報。Twitterを主に活動拠点としており、最新の情報発信を行う。サモンズボードにおいて様々なアドバイスやヒントなどをくれる存在。道場なども開いているらしいので、初心者は要チェック。
ジャイアントキラー 能力 甲鉄城のカバネリコラボにて登場。コラボキャラが使用するものとしては『金属噴流』の名称。貫通Lv.2の効果と2*2マスの敵に通常攻撃、または反撃時に矢印がないものとしてスタンゲージを増加させる。
獣王 キャラ シリーズガチャの一つ。【火:レプティアス】【水:ヴォルハス】【木:ドゥームエルシュ】【光:フェルルナーシュ】【闇:ロンドハーケン】
獣帝 キャラ シリーズガチャの一つ。【火:アドラグレンド】【水:エイルヴュラー】【木:ベルセデリオ】【光:ゾンバルディエ】【闇:フィアドラーク】
初心者 システム サモンズボードに降り立った新米の召喚士のこと。チュートリアルがランク315までなので、そこからが初心者である。
上級者 システム 自らのことを初心者と詐称する詐欺師のこと。主に超難関ダンジョンを経験値リーダーや推しキャラで無理やり攻略する人たちのことを称する。上級者にはMの傾向があるので注意。
序の口サモンズボーダー システム メガネPによる発言。日々変わり続けるサモンズボードの世界やシステムをまだまだ理解・習得・対応出来ないプレイヤーのこと。また、新キャラの登場で旧キャラの存在が薄れた!なんて思っているうちもまだまだ序の口サモンズボーダーらしい。しばしば自虐ネタで使われることもある。
シン キャラ 光・攻撃タイプのキャラ。シン様。ただそれだけの存在。
翼をもつのに飛行属性が無い為、その恨みで対空攻撃能力を持つようになり飛行キャラを撃ち落とすようになった経歴を持つ。
いらない子呼ばわり・ハズレ扱いを受け続け、あまりの不憫さに運営が神修正を行ったことで有名。同じ境遇の白虎と仲がいい。
睡眠 システム (˘ω˘)スヤァ 状態異常の一つ。何もできない。某最後の幻想のように殴られても起きない。確率で復帰するので1ターンで目覚めることもあれば数ターン継続する場合もある。サイレイダーの塔の主『神聖の魔ロサ』は通常攻撃の際、確率で睡眠を付与してくる『おやすみパンチ』をもつ。
スイッチ 攻略 サモンズボードキャラには主属性と、合成により付与可能な副属性が存在する。詳しくは【属性】を参照。副属性の光・闇については相反するため、副属性値がより多い方の副属性が発現する。しかしながら合成させる副属性値を微妙に操作することにより、レア度の低いキャラを合成させるだけで3段階目の「煌」と「冥」を入れ替えることができた。どれか一つを合成させるとそれ以外の副属性値が下がるので火・水・木に至ってはさらに緻密な属性値操作を必要とした。何を言ってるかわからねーと思うがつまりそういうことだ。現在は仕様が変わり、一度発現させることができた副属性値は後で簡単に変更できるようになった。便利な世の中になったものである。
スキラゲ システム スキル上げのこと。サモンズボードはスキル発動ターンを短くするために2通りの方法があり、同キャラを合成させる方法と、スキル上げ用素材【ペンギン】を使う方法がある。
ガチャで被ったキャラ同士を合成することをガチャラゲと言い、悲しみの表れである。
スキブ システム スキルブーストのこと。付与するソウルLv.によって最大15%の確率でターンが1ターン短縮される。高難易度ダンジョンでは1ターンが勝負の要となるため、ほぼ必須のソウルとされている。
スタン 能力 キャラのHPバーの下にある黄色いゲージが溜まった時になる状態。別称ぴより。スタンしたターンは何もできずにただのサンドバッグと化す。スタン中は被スキルダメージ量が2倍になるので注意。参照【金属噴流】【不意打ち】
スリ塔 システム エイスリングの塔の事。最終層には絶叫系彼女こと【カレンデュラ】が待ち構えている。
聖剣ぶんぶん丸 攻略 Fate/stay nightコラボキャラ、セイバーのこと。光・バランスタイプ。士郎、ご飯を。前方向3列に80倍という凶悪なダメージスキルを放つ。セイバー登場時からしばらくの討伐ではスキルを撃てばたとえLv.200の敵であっても一撃で屠り去ることからこの異名がついた。ほんまに勝利約束されてるからな。見かねた運営が対策として敵に反射を付与したほど。
星獣 キャラ シリーズガチャの一つ。火(火星)【マルティウス】水(水星)【メルクーア】木(木星)【ジョーヴェ】光(金星)【ヴィニエーラ】闇(土星)【サトゥルヌス】
石版 システム ノーマルダンジョンに落ちているアイテムのこと。集めるとなんかいいことあるかも。
ゼノヴァ キャラ 通称ゼノ。火・HPタイプ。ドロップキャラ。アタックタイプのみについては当時最高倍率であった7倍エンハンスを十字1マスに付与することができる。アタックタイプは自己エンハンスやアタックタイプのみに適応されるエンハンススキルが主流だが、【レプティアス】や【フレイバルカン】など、アタックタイプなのにスキルダメージを放つキャラに付与することもできるのでロマン砲要員として使用されている。
先制 能力 敵が発動する、読んで字のごとく先制行動。主に味方への封印や、敵自身のバフ付与のターンとして扱われる。先制攻撃耐性ソウルで対策ができ、発動すれば君が勇者だ。
先生 キャラ シェムハザのこと。攻略へのギミックを優しく鬼畜に教えてくれるので先生と呼ばれる。
ソウル システム ソウルシステムのこと。キャラの基本性能にさまざまなプラス値を加える。
キャラごとに付与できるソウルの種類数は決まっており、最大5種類まで付与することができる。 現在はすべてのソウルを付与することができ、一度付与したソウルは好きなように付け替えることができるようになった。
装姫(そば) キャラ 沖縄の伝統料理。和風だしの香りが食欲を誘います( *˙ω˙*)و グッ!
属性 システム サモンズボードにおける重要な要素の一つである。属性は2種類あり、キャラ自体がもつ主属性と、合成により付与できる副属性の2種類ある。基本的に副属性は味方キャラにしかつかない。主属性は5種類ありご存じのとおり火・水・木・光・闇。副属性はそれぞれ3段階目まであり、【火→烈→緋】【水→渦→蒼】【木→樹→翠】【光→閃→煌】【闇→漆→冥】となっている。キャラ名の左に表示され、【火・水・木】のうち1種類、【光・闇】のうち1種類が、表示される。主属性は表示されない。
属性間には相克が発生し、それぞれ【火→木→水→火】となり、矢印先の属性に強い。光・闇に関してはどちらにも強く、どちらにも弱いので【光←→闇】となる。この矢印の強さを強化したり緩和したりするために副属性が存在する。
副属性は上述のとおり合成で付与させるものだが、通常のキャラではなかなか副属性を3段階目まで上げることは難しい。それは副属性の段階を上げるには副属性値を貯めなければならず、通常のキャラはその副属性値が低いからである。副属性値強化専用キャラのパルメリー(【メリゴン】を参照)を合成すると、隠しパラメータである副属性値が上昇。30000に到達すると3段階目を発現することができる。ちなみにメリゴンの副属性値は2500である。
初期サモンズボードはどれか一つの副属性値を上げると、それ以外の副属性値が下がるので、属性の切り替えが非常に面倒であったが【スイッチ】という高等テクニックを使用することにより切り替えが可能であった。現在はかなり便利な仕様になり使用されることが無くなったが、あの時は本当にしゅごいと思った。
速攻 能力 ダンジョンスタート時にすでにスキル発動可能状態になっている。スキルターン1よりも速い。
die all キャラ ダイオールのこと。主にトルブクガスの塔最終層に出現するダイオールを指す。4体出現し、2体同時に殴られると15000食らい、プレイヤーを苦しめた。
耐久、耐久フロア 攻略 初出はサナーレスの塔最上層。通常、エリアに存在する敵を倒さなければ次のエリアに進めないが、敵が残っていても規定のターンを経過すれば先に進めるというもの。サナーレスの塔では敵を残したまま進んでしまうと、ボスがパワーアップした。
ダメスキソウル システム ソウルの種類の一つでダメージスキル強化ソウルの略。その名前から数々の誤解を生み初心者が間違って付与してしまう。このソウルによって強化されるものは、【スキアタタイプやディフェンスタイプ等のスキルダメージ】【オートスキルダメージによるダメージ】【アタックタイプの突進】【アシストタイプの罠設置時等の直接ダメージ】のみである。よく間違われる【ディフェンスタイプのHP依存ダメージ】【反撃スキルによるダメージ】【毒】【物理ダメージ】等には効果が無いことに注意。
ダンジョン入杭許可所 システム コインダンジョンのこと。ショップタブにてゲーム内通貨を使用し1時間だけ解放させることが可能。スタミナは消費される。過去ダンジョンの復刻やコインダンジョンにしか出現しないものもある。時間制限付きなのであらかじめある程度情報を仕入れてから潜ることをおすすめする。
チワワ キャラ フェルルナーシュのこと。光・バランスタイプ。もっふもふやで。
チェーン 能力 ASの発動方式
非チェーンスキルが即時効果発動するのに対しチェーンスキルは味方の移動直後に発動する
チェーン付きは位置取りが容易なため一般的に好まれるが非チェーンにもスキブを利用した連打が可能とメリットもある
非チェーンダメスキにチェーンエンハはかからないと言われてピンとくるようになれば脱初心者
チェンプラ 能力 チェーンプラスの略。初出は第3回イラストコンテスト最優秀賞
アティエ。チェーンスキルは発動順序を決めることができ、2番目以降に発動した場合に付加効果が付くスキルをいう。
チェーンスキルを複数入れる必要があるため恩恵を受けるための編成難度は高め。
チャージ 能力 発動してからターン数を貯めて発動させるスキル。初出は第2回イラストコンテスト最優秀賞のナイトメアドラゴン。チャージ中は全方向バインド状態になるので、スタン対策にスタン耐性ソウルを付与させることをお勧めする。チャージはフロア移動の際次フロアへ持越しできない(発動可能状態に戻る)ことや、チャージ中にスキル遅延を食らうと解除されることに注意。
チュートリアル 攻略 サモンズボードでも俗に言う「1通りの操作方法や、流れを習得する」意味で使われるが、サモンズボードは奥が深く複雑なため、師範代道場の踏破を含みランク315までがチュートリアルとされている(正式ではない)ランク315になるとスタミナが160になり、色々なダンジョンを効率よく回れるようになることからこの数字になった。また、チュートリアルは1回だけではなく、第2、第3のチュートリアル通過地点がある。サモンズの奥は深い。。。
貯金 攻略 ソウル付与に際しては、基本的には付与させるキャラのレベルをMAXにしたあとに付与することが多いが、何回もソウルを付与していると合成料金がばかにならない。なので、低レベルのモンスターに集中してソウルを貯めていき、一回の合成で最大値までソウルを付与させること。
主にコパピーやプラチナホーク(☆3)を使って貯金する。
追撃 能力 通常攻撃(矢印による攻撃)を行った後、そのキャラの攻撃力の数%を防御力無視で与える。主に防御力が高く、1しかダメージを与えられないオール系(素材)や、ホーク等に使用する。
追撃の種類は【極小追撃(4%)】【微追撃(5%)】【弱追撃(10%)】【猛追撃(200%)】などがある。
追尾 能力 スキルダメージ扱い。盤面上に存在する敵を対象にランダムでダメージを与える。追尾3回とし、敵が3体であった場合、それぞれ1回ずつ着弾する。敵が2体だった場合、それぞれ1回ずつ着弾し、どちらかの敵にもう1回着弾する。敵1体であった場合は3回とも着弾することになる。ランダムなので敵の選択はできない。祈れ。
TS 能力 正式名称は『トランススキル』初出は真姫シリーズ第一弾ノア。TSはキャラが覚醒後に余ったTPを消費して発動できるスキルで補助的なものが多い。これに先立ち、『獲得TPアップソウル』が導入された。
テクダン システム テクニカルダンジョンのこと。【ノマダン】と比較してターン数制限や、キャラの侵入制限などがあるダンジョン。最終地域には倒すと覚醒に必要な【レヴォルト】が落ちる獣帝が待ち構えている。
デスファ キャラ デスファレウムの略。闇・バランスタイプのキャラ。ドロップ入手。短ターンでの十字バインドスキルを持ち、討伐、ランバトにおいては、一度発動すればバインドし続けることが可能。【バロール】とズッ友。
デバフ 攻略 相手に対し不利に働く効果のこと。攻撃力低下や、防御力低下、毒、呪いなどの総称。対義語【バフ】
デルフィ キャラ トルブクガスの塔の最終層、その最奥に待ち構える創生龍「デルフィニウム」のこと。光・HPタイプ。条件は限られるが、満たすとエゲつない火力を出すことが可能なLSを持つ。
システム 現在のサモンズボードにおけるエンドコンテンツ。現在確認されているのは【トルブクガスの塔(通称ガス塔)】【ディビニラカンの塔(通称ニラカン)】【サナーレスの塔(通称サナ塔)】【アプレフィアの塔(通称アプ塔)】【サイレイダーの塔(通称サイ塔)】開催期間中には塔が出現し、1Fずつ攻略してくことになる。最終層には常軌を逸しているとしか思えない凶悪なステージが存在し、数多のプレイヤーを絶望のどん底に叩き落とした。悪いことは言わない、サモンズをエンジョイしたいのならやめておけ。
参考:初回ディビニラカンの塔クリア者は【全】プレイヤーの0.28%
道場・師範代道場 システム サモンズのマスコットキャラ【師範代】によるサモンズの世界をわかりやすくレクチャーしてくれるダンジョン。新規の人はここを全部クリアしておくように。
討伐 システム モンスター討伐の略。定期的に行われるギルド内イベント。倒すごとにレベルアップしてくる敵をひたすら殴り続ける。累計ダメージミッションの上方修正と累計使用AP数ミッションの下方修正はよ。
ドゥルガー キャラ サモンズ初期の顕現キャラ。木属性と火属性があり、それぞれ木ドゥル、火ドゥルと呼ばれている。覚醒すると名前が変わり、それぞれチャンディー、ヴィカラーラと名前が変わった。しばらくは覚醒木ドゥルや覚醒火ドゥルの方が呼びやすそうだ。
それぞれが希少な【解除】スキルを持つ。
時渡りの民 システム 素人が手を出してはいけない完全自己責任の禁忌の魔法を使用する人。時間を超越し、未来の情報を現代に持ち帰ってくる時空パトロール的にアウトなやつ。しかしてその偉大な功績に我々は最大の敬意を払わなければならない。
能力 発動者の攻撃力依存のダメージを防御力・軽減無視で与える。ただし、無敵時には無効にされる。毒の種類は【弱毒(0.4倍)】【毒(0.8倍)】【強毒(1.5倍)】【猛毒(3倍)】【超毒(7倍)】【超猛毒(15倍)】【超絶毒(25倍)】などがある。
ドラマティックモード システム サモンズボード運営が鋭意制作中と噂の新モードのこと。画面を縦持ちから横持ちに変更することでドラマティックモードになり、敵キャラを口説くことが出来る。これにより今まで攻略できなかったあんなこんな敵をゲット出来るかも。え、今は四月一日じゃないって?かてぇ事言うなって(AA略)バロール「わっ…吾輩はそんな安い魔人ではないわっ!」が名言
トレハン システム トレジャーハンターの略。手持ちのキャラを探索に行かせる。探索時間は1時間~20時間まで設定できる。見つけて帰ってくるものにはコインやバトチケ、育成素材など多種に及び、探索させるキャラのレア度に応じて発見する量も変わってくる。また、不定期にキャンペーンが開催され、その期間中は発見物の質が上がる。ちなみに☆7キャラを探索させた際、20時間で探索させるのと、1時間×20回探索させるのでは効率が約9倍変わってくるので面倒だが1時間で探索させる方がお得になる。
泥・ドロ システム 敵を倒した時にドロップすること。サモンズにはドロップキャラなのにガチャキャラを凌駕する性能を持つキャラが多数いるので、イベントキャラといってないがしろにしない。いつどこで使うかわからないので保持しておくことをお勧めする。たまにAndroidOSのことを指す。
ナス・茄子 キャラ ディビニラカンの塔の最終層、その最奥にたたずむ恐怖の心像こと【プラタナス】のこと。水・バランスタイプ。速攻持ちでチャージ後に強力なスキルダメージを放つスキルを持つ。
斜めは避ける 攻略 初期敵キャラのスキルには、斜め方向へのスキルダメージが即死クラスのダメージ量が多かったため、敵キャラの斜め方向には立たないように立ち回った。現在はまんべんなく即死ダメージが飛んでくる。
煮込む 攻略 毒沼に敵を乗せたまま保持すること。サモンズボードには通常ダメージの毒沼と即死クラスの毒沼の二種類あり、後者は主にダンジョン攻略のギミックとして扱われる。
虹ゴリ キャラ ビッグフットのこと。水・HPタイプのキャラ。第二回討伐報酬。初期サモンズボードにおいて全属性の属性変化をしたのでこの名がついた。当時は弱点属性にあわせてパーティを組むのが主流だったため、プレイヤーたちを苦しめた。
ニラカン システム ディビニラカンの塔の略。詳しくは【塔】を参照。
濡れてしまいました システム 梅雨イベント、あじさい前線ボス「アイラン」の発言。あらあら、濡れてしまいました。。どうするんですかサモンズボーダーさん?
ネス連爆殺 攻略 火・攻撃タイプのキャラ。ガチャ☆7。スキルダメージと同時にスキルターンを短縮する【ヘイスト】を同時に行う。討伐、ランバトにおいては、片方のネスAのスキルを発動させることによりネスBのスキルが発動状態になる(スキルレベルMAX前提)ので、1ターンで合計10発のスキルダメージを打ち込むことが可能となる。通常のダンジョンにおいては、スキルマネス3体によりこの戦法が可能となり、合計15発撃ち込める。敵は消し炭になるであろう。
ノックバック 攻略 スキル発動時に効果を受けたキャラが反対側へ後退すること。後退マス数は1マス~全マス後退がある。主にスキルアタックダメージや、アシスト罠発動時に追加で発動する。
敵を後退させた時に後退方向に別の敵がいた場合、その敵にもダメージが与えられ、飛ばされた敵はさらにダメージを食らう。後退方向に味方がいた場合は味方から飛ばされた敵に攻撃をあたえる。略称はKB。
ノマダン システム ノーマルダンジョンのこと。石版が落ちているほか、最終地域には倒すと覚醒に必要な【レヴォルト】が落ちる獣帝が待ち構えている。参照【テクダン】【イベダン】
呪い 能力 呪われた者の攻撃力に依存してダメージを与える。ダメージ量は1ターン目は等倍で、ターン数を重ねるとダメージ量が上昇する。また、呪い付与中に呪い特殊能力を持つキャラで殴ると効果を延長することも可能。
呪い特殊能力を持つ敵を殴るとこちらが呪われることもあるので注意。枯れ木ガッデム。
ハイカン 能力 ハイカウンターの略。覚醒システムにより新たに登場した能力で現在はロンドハーケンとスクルドのみ使用できる。効果は防御力無視のカウンター。さらにクロカンが付与されている敵にも効果がある(但し、一撃で仕留めないとクロカンの反撃を食らうので注意)矢印のある敵に対しては絶大な威力を誇る。
ハイパー化 システム キャラをこれ以上強化できない状態まで育成させること。
レベルMAX、スキルレベルMAX、ソウルMAX、副属性MAXが基準となる。
HP(ハイパワー)タイプ システム 本来HPが多めで、攻撃力が低めな傾向にあるHPタイプだが攻撃力が異様に高く、攻撃タイプ並みの攻撃力を持つキャラのこと。フィアドラークや寿老人、クロユリなどがいる。
バインド 能力 キャラの持つ矢印を無いものとして扱う。バインド方向から殴るとスタンゲージが上昇する。類義語【攻撃不可】
狭間 システム テクダンの一つ「忘絆の断崖」の「光闇の狭間」のこと。チュートリアル終了に向けてのランク上げにおすすめダンジョン。全体化侵入禁止ね。
初見(はつみ)プレイ システム メガネPが生放送中に発言した新日本語。正しくは初見(しょけん)プレイ。その後ハツミが正月キャラとして登場したのは何かの因果なのか。
発狂 攻略 主に敵ボスのHPが残りわずかな量になった際に【割り込み】で画面全体に即死クラスダメージを撃ち続けること。そのため、この発狂をどうにかするためには封印する、発狂ライン前のHPから一気に倒す、可能であれば無敵反射を使用する等の対策が必要となる。
バトチケ システム バトルチケットの略。週末土日に出現するバトチケダンジョンにて集めることができる。
集めたバトチケは定期的に開催されるランバトにて使用する。
バフ 攻略 buffのこと。スキル発動者に対して有利に働く効果を意味する。【エンハ】や【防御力上昇】などがある。対して相手方に不利に働く効果を意味するものを【デバフ】という。
使用例:味方にバフをかける。敵バフを解除する等
バリア 能力 特殊能力の一つ。スキルダメージを基本的には2回まで防ぐ。但し、通常攻撃やノックバックによるダメージ、バリア破壊ダメージには効果が無い。対策としては多段スキルによるバリア剥がしを行う。
ハリネズミ キャラ ヘッジホッグのこと。対空能力を持ち、飛行キャラに嫌がられる。
バロ キャラ バロールの略。光・バランスタイプのキャラ。ドロップ入手。初顕現による登場。短ターンでの攻撃力低下のデバフスキルを持つ。
初代顕現の難易度は半端ではなく、当時ノーコンできるプレイヤーがいなかったとの噂。全ステ優秀だが、進化前は二日酔いの頭痛持ちおっさんにしか見えない。【デスファ】とズッ友。
反撃 能力 矢印攻撃に対し、同ターン中に矢印攻撃で反撃すること。麻痺や睡眠中は反撃できない。反撃する攻撃力は反撃を行ったキャラの攻撃力に依存。ソウルで最大2倍まで反撃ダメージ量を強化することができる。クロカンに対しては効果なし、それどころか手痛い反撃にあうので注意。敵にも反撃を行うものがあり、現在は木ドゥルガーのみ解除が可能。その他の対策としてバインドを付与したり、攻撃力が高い敵には呪いを付与することによりダメージを与えることもできる。(中には基本攻撃力が低いのに反撃状態の時だけ異様にダメージ量が高い敵もいるので注意)
反射 能力 スキルダメージ(突撃含む)を発動者へ反射させる。一度ダメージを受けてからの反射になるので死んでしまうと反射できないことに注意。そのため、反射を使用する場合はダメージ減少系(無敵等)スキルと併せて使用するのが定石。LSによる軽減は反射ダメージ量に影響し、ASによる軽減は影響しないことを覚えておくこと。防護貫通ダメージには効果が無い。敵にも反射を使うものが多くあり、軽減率及び反射率を見極める必要がある。例:高軽減、低(高)反射(スキル受け付けないマン)低軽減、低反射(見かけ倒しマン)
白虎 キャラ 光・攻撃タイプのキャラ。ガチャ入手。四神シリーズの一角。登場当時はあまりぱっとしない性能だったせいか、いらない子扱いされていたが、運営の神修正で第一線級を張れるカウンターキャラになった経歴を持つ。同じ境遇のシンと仲がいい。
飛来ダメージ 攻略 ダンジョンギミックの一つ。特定の間隔で弓矢やら隕石が振ってくる。飛来吸収の特殊能力により無効化、スキルにより軽減させることが可能。通常ダメージから即死ダメージまである。だって隕石だもの(みつお
封印 能力 キャラの持つスキルを使用不可にする。封印中はオートダメージ系バフは発動せず、封印解除後に再開される。カウンターは封印中でも発動する。耐性ソウルで対策可能
封龍士 キャラ シリーズガチャの一つ。【火:ラルグ】【水:ザルバ】【木:フリネーダ】【光:ミレシア】【闇:クロユリ】
キャラ 鰤うまいよね。
アニバーサリーイベントダンジョン、ヴァルハラの死闘に出現するブリュンヒルデのこと。木・攻撃タイプ。ドロップ入手。十字バインド付きのスキルダメージを持つ。LSといまいち噛み合ってない感が否めない。
覚醒解放によりスキルダメージ量が増加してメインサブへ昇格。どこかのダンジョンでは水騎士を煮込むらしい。
フレイ キャラ 高確率で水・HPタイプキャラのフレイを指す。低確率で火・攻撃タイプキャラのフレイバルカンを指す。後者は主にバルカンと呼び差別化されている。
前者は短ターンで自己10倍エンハを付与する水属性アタックタイプの主要キャラ。
夏にはサーフィンするらしいっすよ。
屁こき娘 キャラ ウルス・ラグナのこと。火・攻撃タイプのキャラ。ドロップ入手。趣味はコスプレ。最大の特徴である超超高倍率のスキルダメージを何故か右下1マスに発射する。キャラの位置からどう見ても屁に見えるのでこの名がついた。覚醒解放によりその威力はさらに増し、1マスあたりはサモンズキャラ最高の300倍になった。300倍の屁である。
ヘパ・ヘパ毒 キャラ ヘパイストスのこと。闇・HPタイプのキャラ。最高倍率の【超絶毒】を持つキャラ。トルブクガスのおともにどうぞ。たまにお漏らしをする。
ペンギン キャラ スキル上げ用素材のこと。この素材を合成させると確率でスキル発動ターンが短くなる。イベント報酬や、【ペンダン】にて取得できる。ペンダンはよ。
ペンダン システム ペンギンンダンジョンの略。現在は1日1回まで入れるママペンのみ出現するダンジョンが常設されている。
おめでたい時に開催されるダンジョンでママペンとパパペンが登場する。ママペンを倒すとタマペンをドロップすることがあり、5個集めるとチビペンに進化できる。パパペンを倒すと確定でチビペンをドロップする。ダンジョン侵入時にはどちらが出現するかはわからない上、両者の攻略法がまったく別になるため同時に攻略できるパーティの編成は至難を極める。
穏やかな家庭に土足で踏み込んで荒らすサモンズボーダーたち。彼らに一体なんの罪があるというのkあっパパペンや!倒せ!
ホーク・鷹 キャラ サモンズにおける経験値キャラのこと。イベントダンジョンにも登場するが、基本的には【ゲリラ】ダンジョンにて集める。最近はサンバ衣装を着させられたり門松を挿されたりしている。
ホーク乱獲おじさん キャラ 水滅級の魂狩公ダランティのこと。無課金では初の猛追撃をLSに備え、ホークを乱獲するその姿からこの名がついた。別名鷹狩公。
防護貫通 能力 反射や無敵状態、ダメージ現象状態の相手に対して影響を受けないダメージを与える。但し、特殊能力の【バリア】に対しては効果はないことに注意。
ポコ システム レアガチャを11連した際に被りが出ること。
被りだと◯◯レアGET!の演出がなく駒がポコっとめくれるだけであることから。
特に全被りの場合は11ポコと呼称しプレイヤーの財布と気力に甚大な被害をもたらす。逆に新駒の場合はパァーっと割れることから割れると表現する。
ポリン キャラ ガンホーコラボキャラ。水・HPタイプ。はねるピンク色のなにか。取得経験値&コインの量を1.5倍にする【LS】を持つ。マスリン、エンジェリン、アクエンはまだか。
魔窟 システム 【塔】に続く新しいダンジョンシリーズ。今度は下に降りる形となる。現在確認されているのは【リュエダゴンの魔窟】
まだ、カエサナイヨ? システム 夏のイベント、水中の楽園ボスのメリカの発言。ヤンデレ。SDキャラ仕様になって目のハイライトが無くなっていることも相まって超怖い。
ミミズ キャラ クロム・クルアハのこと。マジで忌まわしい三日月。火・バランスタイプのキャラ。ドロップ入手。ダンジョン道中はほぼ封印続きで、敵を生かさず殺さずに耐久するというめんどくさいギミックを必要とする。さりとて性能はその難易度にふさわしい性能を誇っている。
無(理のない)課金 システム ほどほどに課金をしているエンジョイユーザーのこと。何事もほどほどが一番である。
ムルムル キャラ 闇・HPタイプのキャラ。サブタイプを持たない珍しいキャラ。2ターンの間味方全体に5倍エンハ及び無敵を付与する。パーティ編成時にアタックソートをかけた際に表示されないのでよく存在を忘れられる。ムルムルしてきた。
メガネP システム 萩原プロデューサーのこと。サモンズボードを世に送り出した張本人。よく眼鏡を割られる。
メガネシンカ システム 覚醒のこと。多分。発表時に某ゲームXYの進化を超えた進化とかさなりごっちゃになった。メガミュウツーY?しらんがな。
システム ダンジョン難易度滅級のこと。最難関クラス。攻略するためには強力な駒を必要とする。先行する人柱達が何度も何度も試行錯誤を繰り返し、数多のプレイヤーの犠牲の上に攻略法が形成されていく。別パーティや無課金編成を編み出したプレイヤーには最大の栄誉が贈られる。【火:ライゼル】【水:ダランティ】【木:テラー】【光:ハザン】【闇:バルバレム】
メリゴン キャラ 副属性付与用キャラパルメリーの最終進化系。ノーマルの状態から12匹で3段階目まで副属性値を上げることができる。主にエレメンタルレイクにて取得できる。詳しくは【属性】を参照。メリーの種類には副属性値の少ない方から「パルメリー」「パルメリス」「パルメリゴン」がある。中にはヒゲのはえたメリゴンキングなるものが存在し、サモクリにて交換できる。
やっておしまいなさい システム さあザ〇ボンさん!ド〇リアさん!(シトラスキャット)サモンズボードのフリ〇ザ様ことスケイルの発言。人魚の隠れ家【冥】に出現。「ゆるさんぞ!」「コケにしやがってぇ!」など(著作権的に)攻めた発言が多い。
誘爆 能力 スキルアタックタイプキャラによるASの一つ。一段目の放射を当てることにより、その相手を起点にしてさらに爆発を広げる。変則的な範囲になるので、通常のダメージスキルでは届かないかゆい所にも対応できる。
ランク システム サモンズプレイヤーのレベルのこと。現在は999でカンストだが、このたび1299まで解放されることになった。999を超えたプレイヤーには王冠マークがつく。ちなみにランク100までは経験値三倍の恩恵がある。
ランバト システム ランキングバトルの略。定期的に行われる全プレイヤーイベント。プレイヤーVSプレイヤーでBP(バトルポイント)を稼ぐ。今まではバトチケのみ消費していたが、結晶石を使用することができるようになり、札束で殴り合うイベントになった。
リジェネ システム HP回復ソウルのこと。毎ターン回復効果が見込め、最大500まで回復量が増加する。ディビニラカンの塔のようなHP量制限があるダンジョンで威力を発揮する。
ルドラ キャラ 木・攻撃タイプのキャラ。ガチャ産。味方全体に6倍のエンハンスを最大4ターン付与する。ディビニラカンの塔の必須キャラ。
レギン キャラ 火・HPタイプのキャラ。ドロップキャラにしてHPタイプに最高クラスの9倍エンハンスを付与する。クリスマスフォンセの登場で最高倍率の地位が奪われたかわいそうなおじいちゃん。
レジェンドタイプ システム 初期サモンズボードには攻撃・バランス・HPの3つの主タイプと、どういう基準で付けられたのかはわからないがレジェンドタイプの副タイプが存在した。その後レジェンドタイプはスキルアタックタイプや、アシストタイプなどの副タイプに分けられた。
レプ キャラ レプティアスのこと。火・攻撃タイプのキャラ。初代バランスブレイカー。初登場時、攻撃力が150~180で高い高いと言われてた時代に驚愕の270を誇った。アタックタイプなのにスキルダメージを放つことから【ゼノヴァ】エンハ+レプティアスを可能とし、ロマン砲とも呼ばれていた。覚醒にあたり、本来のエンハンススキルを習得し、しかも速攻であることから歓びの声が聴こえる(気がする)
連鎖追撃 能力 星獣シリーズの一角、闇のサトゥルヌスにて登場。げんこつが降ってくる。
通常攻撃または反撃時に追加で物理ダメージを指定範囲に飛ばすというもの。魔法じゃなく物理なのでスキルダメージ増加ソウルの対象ではなかったり避けられたりするが、反射やバリアを無視して遠方にダメージを飛ばせる。
ダメージ量は連鎖追撃の倍率と「連鎖追撃をする前の状態の攻撃力」を掛けるので、反撃時などは反撃高倍率×高エンハンスがかかり、大ダメージが見込める。げんこつスマッシュ!
ログボ システム ログインボーナスのこと。
昔は連続ログインボーナスのような形式だったが、現在はルーレットになっている。目押しができると噂だが実のところどうなのか。 現在はログイン日数蓄積により貰える報酬は決まっている。よってイベント期間中にログインしていないと最後の報酬を取り逃す可能性がある。
ロボ・ケロボ キャラ ケロロロボのこと。ケロロ軍曹コラボの☆7キャラ。木・HPキャラ。2代目バランスブレイカー。
木属性またはHPタイプのキャラに最大35倍の攻撃力を付与させる。もちろん当時ぶっちぎりの性能である。ロボでなんとかなるが合言葉。ケ品ボ。
ロンハ キャラ ロンドハーケンの略。闇・攻撃タイプのキャラ。ガチャ入手。初登場時はそこそこなキャラだったが、覚醒による防御無視反撃(ハイカウンター)がついたことで、討伐のダメージ量がカンストする騒動になった。今後も主力になることが予想される。
何度も言うがタスマニアデビルである。熊とか狸とか言うな。カティに言いつけんぞ。
罠解除 能力 初出はアプレフィアの塔の主ガイラルディア。キャラが移動またはノックバックにて踏んだ罠をすべて解除する。デメリットとしては回復マスも解除してしまうので設置による回復は見込めない。
割り込み 攻略 敵に対し、一定の状態・行動を起こすと、本来の敵行動から外れた行動を起こす。トリガーになる行動はさまざまで、敵にダメージを与える、敵のHPを一定量まで減らす、バフ・デバフをかける、味方の数が減った時などがある。
【発狂】のようなどうしようもないものを無敵反射させたり、味方のピンチを回避するためにわざと割り込ませて回避するなど、使い道があるものもある。
○○は闇 システム 主にコラボガチャや等倍ガチャのことを指す。出ないよぉ・・・何回もまわしても出ないよぉ・・・